すき、のそのさき

君はきらきらひかる星

推しのことだけ信じてる

推しのことは世界一信じてるけどその後ろで色々動かしてる大人が多分マジでどうかしててこわいよ~~~~~!!!!!!って叫びたかった記事です(結論)

 

rmlkn.hateblo.jp

 ひとつ前の記事で触れた推しの登壇イベントに行ってきたんですけど、最高に笑えたし最高にイイ話を聞けて本当に心から行ってよかったなぁと思いました。

公演に対する想いや舞台裏のエピソード、すべてが作品と仲間とファンに対する敬意と誠意に満ちていて、改めて私はなんて素敵な人を好きになったんだろうと感じたし、これからも彼自身が見せてくれることや教えてくれることを一つ一つまっすぐに受け取って丁寧に咀嚼したいよ。心の底から切にそれを願ったよ。

 

推しはすごく言葉を大切にするひとです。

思ったこと、感じたこと、心の内側を文字や声にして100%相手に届けるなんて無理な話だけれど、多分推しは、できる限り見る人すべてに等しく自分を伝えていきたいと願っているのだろうし、そのための努力を少しも惜しまないひとなのだと思います。

当然どれだけ気を配っていても自分の意図と違った方向に解釈されることはあって、そんなとき、推しはすぐその誤解の芽を摘み取ろうとしてくれます。そんな彼の態度を気にしすぎと言ってしまうのは簡単だけど、「自分が発信したものが誰にどう受け止められるか」に責任を持つってとても大切なことなんじゃないかなぁ、と、私は彼のそういうところも大好きでいます。

もちろん彼の言葉のすべてを本心からのものだと思って盲目的に愛するのはどうなんだろうって心配になる気持ちが無いといえば嘘になるけど、それでも彼が見せたいと思って見せてくれる彼自身の姿をその通りに受け入れて慈しむことは少しもおかしなことじゃないと思います。もしかしたら、なんて仮定の話を考えても意味がなくて、疑い始めたらキリがないし、推しに対してそう感じながら応援するって私は普通にしんどくて嫌だ。

だから私は今日も推しの言葉を信じているし、その中に大事にくるまれた彼の真心の温度が愛しいと感じます。それらは虚像かもしれない、けど、嘘ではないと思う。

 

 

 

 

 

 

でもね!!!!!!!!

あのね!!!!!!!!

2日前の夕方に急に告知出して平日の昼間から大阪のアニメイトに呼び出すのは絶対に違うと思うよ!!!!!!!!!!(本題)(これに尽きる)

 

 

重ねて言うけど推しは少しも悪くない。

もともと殆どオフがなかったのを推しの厚意でイベント追加の機会をつくってくれたのを知ってるし。これのために推しは貴重なオフを1日削ってくれてるわけだから。

でもやっぱり、急に明後日のアニメイト開店時間から先着販売始めるで!ヨロシク!!はダメでしょう。販売元、聞いてますか??????????

 

これ本当は東京で1回きりの開催の予定だったものが、「事前告知なしの先着販売」という売り方のために買えなかったひとが続出して急遽大阪が追加されたという経緯があって。最初の時にこのやり方は流石に納得できないよってオタクから販売元にメールが殺到したんですけど(私も送りました)(買えなかったので)、それに対して「ご意見を踏まえて次は事前告知をした上で抽選または先着の対応をとる」という旨の返信を何人もいただいていたんですよね。

 

いや確かにこれ、事前告知だけど!!!!!!(2日前)

先着販売だけど!!!!!!(店頭受付のみ)

それはさぁ…そういうことじゃないじゃん……???

 

それから、これはあまり信じたくないけど、担当者のツイート*1から察するにこの売り方もある意味で確信犯的なものの可能性があって、それはもう嫌がらせじゃない???って思います。

最初に非難殺到したうちのかなりの割合が仕事中で先着販売開始の事実すら知らずに退勤したら完売になってた社会人オタクの皆様からのメールだったんじゃないかな?と思うんですけど、追加で決定した会の売り方が「2日後の平日、大阪にて」ってこれはもう社会人に行くなと言ってるとしか考えられなくても仕方ない話じゃないですか?

これに関しては夏休み中の大学生という立場の私があまり大きな声で不満を言えないなぁと思っているところなのですけど、本当に社会人オタクの皆さんのことを考えると胃が痛くてしにそうになる。なんなんだよこれ。

いっぱいブチ切れメールきて腹たったのかもしれないけど逆ギレするのは本当に勘弁してほしいよ。いやこれ全部憶測ですけどね。

 

 

ちなみにですが、私はいま心の中でめちゃくちゃにキレながら大阪行きの夜行バスを取ったところです。超絶腹立つけど、行く。行くよ。

ただ勘違いしないでほしいのは、オタクは「好き」の気持ちだけを原動力にしてなんでも無限にできるハイパー生命体ではありません。この夜行バスにかけたお金と消費する体力、そういうのって「好き」だけじゃ賄いきれない負荷なんですよね。

好きだからどこでも何でもいつでも駆け付けられるわけじゃない。今回の件は推しがすごく頑張って多分割と無理もして、それでようやく都合をつけてくれたことで、その気持ちがシンプルに嬉しくて、たまたま私が少し無理をすれば行ける範囲のところだったから、行くという選択をとったけど。でも、次は本当にどうなるかわからない。

どうかすべての企画者さんが、オタクの「推しに対する気持ち」に胡座をかいたやり方をとらずにいてくれますように。その気持ちは確かに私を突き動かすけれど、決して無尽蔵に湧いてくるわけじゃないからね。ほんと、頼むよ。

 

 

marshmallow-qa.com

 

というわけで慰めのましゅまろ待ってます゚(♧◑ω◑)☞♡☜(◐ω◐♧) 

そして前回記事に投げてくれた方、ありがとうございました!

身体を労わりつつオタク頑張ります!(0泊2日往復夜行バス大阪凸を控えながらの記述)

 

 

 

あ、次回は個人的オタ活テーマソング紹介記事書きたいです。

手紙を書くときに聴いてる曲、青9卒業の夜に聴いてぼろっぼろに泣いた曲、現場前に聴いてる曲、などなど。

ちなみにこの記事は倉橋ヨエコの『夜な夜な夜な』を聴きながら書きました。これは割と笑っていいところです。

*1:現在は削除済み