すき、のそのさき

君はきらきらひかる星

思わぬ形で昔の夢を後押しされた

これはピンポイントすぎて見る人が見たら一発で推しバレする話だと思うんですけど*1、先日解禁された推しの新しい仕事がちょっと特殊で。

なんととある文学賞のイメージキャラクターに抜擢されました。めでたい!

 

賞の特設サイトにはサンプル作品としていくつかのストーリーが掲載されていて、推しはそれらの物語に添えられた写真のなかでキャラクターを演じているのですが、これがもうほんとうに素晴らしい。見たかった推しのあんな姿やこんな姿が丸ごとお届けされている。

まじで頼むから全人類に見てほしい~~

 

 

で、ここからがタイトルの件なんですけど。

当然文学賞なので、作品を募集してるんですよね。

そして大賞の副賞として「ショートフィルムでの映像化を検討」って書いてある。

「ショートフィルムでの映像化を検討」????????????

いや別に、それを推しが演じるとは明言されてませんが、イメージキャラクターを務める以上その可能性は十二分にありますよね。まさかサンプル作品だけで終わりってことはないでしょう。ないよね?(言い聞かせ)

自分の構築した世界を推しが表現してくれるってとんでもなくないですか。そんなの石油王の遊びでしか叶わないと思ってたよ。

 

 

…というわけで(?)軽率に小説家デビューを検討しています。

考えてみたら小学生のときの将来の夢「作家」だったし、卒業文集にもそう書いてました。*2あの頃の私が知ったらきっと驚くことでしょう。オタクとして思いがけない形でかつての夢に立ち返ろうとしている。人生なにがあるかわからないもんですね。

いや別にただの弱いオタクでしかない自分が大賞とれるとは微塵も思ってませんけど、そういう機会が与えられてるのに名乗りをあげないのもなんだかもったいない気がして。せっかくなら推しに演じてほしい人物を徹底的に考え尽くしてその世界を文字化してみることに平成最後の夏を捧げてもいいかな、なんて。要するに思い出づくりです。壮大な自己満足。

と、ここまで書いて気づいたけど、私がやろうとしてること、はてブのお題と変わらなくないですか??? ウケる

 

 

果たして私が本当に作品を書き上げられるのか、誰か心の片隅でいいのでゆるっと気に留めて見守ってあげててください。えへ

 

 

そういえばマシュマロ作ってみました。

お題、感想、推し当て、ステマ、なんでもどうぞ~~

marshmallow-qa.com

 

*1:ただの検索よけなので最初から別に隠してるわけではない

*2:12歳の文学賞』に2回くらい応募したことある